八ヶ岳天狗尾根 途中撤退

林道から見上げる権現岳
川俣川東沢沿いの林道への分岐部

2000年2月19〜20日
 最近『山と渓谷』に続けて天狗尾根の紹介が出ていたので行ってみたくなった。
今回はロープやハーケンなど登攀用具が5キロ位になった。

2000年2月19日(土)
 朝一の千葉始発のあずさで小淵沢へ。乗車券は清里まで買ったのだが、小淵沢9時36分着、小海線の発車10時15分という具合で、接続が悪いので貴重な時間をロスしないようにタクシーで美しの森の駐車場まで行った。ここまで5500円位なので次からも、タクシーを使う事にしてしまおうと思った。美しの森の駐車場は広くて無料だがトイレもしまっている。
10時15分ころ歩き始めた。天女山の方へ向かう林道を進む。雪が10センチくらい積もっていた。この日は天気がよく権現岳がよく見えた。途中から川俣川東沢沿いの林道に分岐する。ここまで40分もかかってしまった。ここから沢に沿った林道を歩くがはじめは沢よりだいぶ高いところを歩いていて段々沢と同じ高さになっていく。沢にでると大きなコンクリート製の堰堤が数カ所あり、いちいち乗り越すのが大変だ。雪も段々深くなっていく。ずっとトレースがついていたが出会い小屋まで2時間35分かかった。12時50分着。


出会い小屋

 出会い小屋はブリキ張りで、床には板が張ってあり雪は吹き込んでおらず、板の上に直接マットを敷いて寝ることができそうだ。薪ストーブもあった。感じのいい小屋だが、でもここで泊まるには出発地点に近すぎる。13時20分発。
 上ノ権現沢と赤岳沢の出合いは水が凍結していなくて飲むことができた。赤岳沢の方に入って200メートルくらい進むと木の枝に小さな赤テープが付いていて取り付きだとわかる。ここもトレースがついていた。雪の詰まった沢状のところをひと登りすると笹の茂る尾根にでる。ところどころ木に赤テープがついている。しばらく登ると標高2050メートルぐらいのところで、4人パーティがテントを張っていた。先にもう1パーティいると思う、と言っていた。すこし登ると小さな岩稜があった。甲斐駒黒戸尾根の刃渡りのようなところだ。その小さな岩稜の上からは天狗尾根上部がよく見渡せ、下の写真を撮った。

天狗尾根上部
天狗尾根下部から望む大天狗

 2150メートルくらいのところの大きな岩の基部が明るくて、電話も通じるので気に入り、雪を整地してテントを張った。
 夕方は天気がよかった。キジ場など作った。夕食はまたサッポロ一番ソース焼きそば。キャベツとソーセージ入りで美味くできた。日が沈んでから外にでたら、隣の尾根の向こうが不自然に明るいからスキー場の照明かと思っていたが、そのうち明るい満月が出た。18時45分からラジオでNHKテレビのニュースの音声を聞いていると明日の未明から雪が降り始め、午前中は荒れるという。19時就眠。21時ころからはやくも雪が降り始めた。22時に起き出して天気図を書いた。予想と特に変わったことは無かった。朝の天気で出発か退却か決めようと思った。夜は寒くなかった。マイナス4〜5度くらいだったろうと思う。シュラフに入っていると暑くてフリースを1枚脱いだ。風は時折思い出したように吹いたが音ばかりでテントが揺れるほどではなかった。
 宵のうちはなかなか熟睡できなかったが明け方になって熟睡してしまい、起床は5時20分になってしまった。外をのぞくと雪が盛んに降っている。しかしテントの周りの積雪は大したことはなく10センチか15センチくらいだった。朝食はインスタントのスパゲッティー。味はまあまあであった。ラジオはこれから天気はますます悪くなると言っていた。このときは登ろうか降りようかまだ迷っていたが、7時には出発できるように荷造りを始めた。
 テントを畳む頃には雪は降り続いていたが明るくなってきたので、とにかく少し登ってみることにした。夜中に積もった雪でラッセルが深い。膝までのラッセルが続いた。トレースの痕跡が見えていたが時々それも消えた。少し登るともう1パーティがテントを張っているかと期待したが、結局私より上には誰もいないようだった。昨日は先行パーティのトレースがはっきり見えていたが1週間前のものだったのだろう。出合い小屋の落書き帳を見たとき1週間前にに書き込んでいる人がいた。
 カニのハサミまでは登っておきたいと思ったが、1時間登ってみたがラッセルが深くて前進がはかどらないことが身にしみて分かった。カニのハサミはまだまだ遠かった。赤岳に登って行者小屋側に降りるには時間が足りないのは明らかになったので撤退することにした。8時。降雪直後は1日余計に予定をとらないと無理だと分かった。
 降りるのは速かった。8時30分幕営地点にもどった。さらに下ると昨日の4人パーティの幕営跡があり下山していた。出合い小屋に9時30分ころついた。これから登る男女と会った。カニのハサミの基部まで登るという。そのくらいの余裕を持った予定ならいいなと思った。
 小屋から美しの森の駐車場まで2時間半くらいかかり12時ころ着いた。清里駅に向かって少し歩いていたら、幸いタクシーが通ったので小淵沢まで乗った。

地図

こんな山登った