文三郎道から赤岳
2000年3月18〜19日 メンバー2名
 この時期に八ヶ岳で登りたいルートとして、杣添尾根、赤岳天狗尾根、阿弥陀岳北稜などが頭にあったが、今回は天気予報で19日の天気があまり良くなさそうだったし、時間が十分になかったので手堅く文三郎道から赤岳へ登った。今回は雪山2年目のN隊員の送別山行でもあった。

満月のアプローチ

3月18日(土)
 朝職場からもどり急いで出発。新宿駅12時発のあずさに乗った。茅野には14時14分に着いた。タクシーで美濃戸口まで約5000円。14時45分頃美濃戸口に着いたが、身支度をして15時に出発した。
 美濃戸山荘でおそばを食べた。2日前に雪が降ったということであったが、ルートはしっかり踏み固められていた。はじめの2時間は快調だったが次第に疲れが出てペースダウン。途中で日が暮れた。空は雲一つなく満月で明るかった。林の中は暗いのでヘッドランプを付けた。
 19時ころようやく行者小屋に着いた。テント場代一人500円を払い、缶ビールを各自2本買った。水は分けられないので融雪してください、と言っていた。
 雪を踏み固めてテントを張った。ビールで乾杯。恒例の”くじらのたれ”を焼いてしょうゆとマヨネーズをつけて食べた。それからこのところ山で続けて食べている焼きそばを作った。今回は日清焼きそば大盛り。具はキャベツとソーセージ。塩こしょうを追加しマヨネーズをかけて食べた。これもおいしかった。ビールを飲んだあとは焼酎を飲み21時就寝。
 静かな夜だった。トイレのために外へでたらすごく寒かった。マイナス10度以下だったと思う。


テント場から赤岳

3月19日(日)
 あまり早く起きる必要もないので5時半まで寝ていた。テントから頭をだすとまずまずの天気だった。
 朝食はチキンラーメンをそのままバリバリ食べ、その後クラムチャウダーを食べた。準備を整え水、行動食、防寒具、そして念のため30メートルのロープを持って、7時30分出発。
 文三郎道もよく踏み固められているが、積雪量は金網の階段がやっと埋もれる程度であった。ストックと軽アイゼンで登っている人もいた。ストックでは滑落したら止められなくて危険だと思うが、無知なのか余裕なのかわからなかった。

 

阿弥陀岳
 

阿弥陀岳へ続く稜線へ出たところで休憩をとった。風も弱く良い眺めであった。ここから斜面を少し登ると鎖のある岩場になって、手を使いながらぐんぐん登るとじきに山頂に着く。9時30分着。山頂には人が数人いた。北アルプスは曇っていて見えなかったが、南アルプスや富士山はよく見えた。北峰の小屋の横が風がよけられるのでそこで休憩した。
  下りは地蔵尾根を降りた。地蔵尾根は上部はちょっとスリルのあるところもあるが、中程はシリセードもできて愉快だった。11時行者小屋にもどった。ビールを買ってテントのよこでひなたぼっこをしながら大休止。ずっと天気がもってくれたことに感謝した。


地蔵尾根上部から阿弥陀岳

テント場


こんな山登った