2001年夏のファミリー登山

八ヶ岳・赤岳
2001年8月5〜6日

  今年のファミリー山行は、八ヶ岳の赤岳にしました。赤岳は私の登山の原点とも呼べる山です。初めての山登りで、いきなり一人でテントを担いで登りました。以後、季節を変えて何回か登っています。今回は家族に、私が何回も登っている赤岳を知ってもらいたくて、計画しました。
  コースの案内はいろいろなところに書いてあるので今回は省略します。


行者小屋前のテント場にて

行者小屋前にテントを張り、マルタイの棒ラーメン二人前を三人で食べました。それからビールを飲みながら、美濃戸の『やまのこ村』で買ったイワナの薫製を焼いて食べました。これはうまい。そのまま夕食作りに突入。夕食はシチュー。材料はベーコン、ジャガイモ、人参、タマネギ、にシチューのルー。これも美味くできました。フランスパンも焼きながら食べました。

翌日は、はじめ文三郎道から登ろうと思っていたのですが、20人位の高齢者の登山グループが登って行ったので、地蔵尾根の方に変更しました。何であんなに大勢つるんで登るのか理解に苦しみます。小学5年生の娘は地蔵尾根上部で少し、手こずりましたが何とか登れました。


地蔵尾根分岐部付近にて


頂上直下

それまで頂上は雲に隠れて見えなかったのですが、突然雲が流れ展望が開けました。


文三郎道上部で遭遇したカモシカくん

頂上にはあまり滞在せず、下山を急ぎました。文三郎道側の最上部の岩場も娘は下りるのに苦労しました。疲れてきたところにカモシカ君が現れてくれて、元気がでました。