1991年12月29日〜31日甲斐駒黒戸尾根

5合目小屋前緑色のテントが私のエスパース

8合目から9合目へ向かう先行パーティ

登山を始めて2年目の冬甲斐駒黒戸尾根へ単独でテントを担いでチャレンジした。この年の冬は結構雪が深かった様に思う。
韮崎9時15分着のあずさを使い初日5合目小屋前にたどり着いたのはもうすっかり日が落ちた18時ころだった。小屋の中は既にテントがいくつも張ってあり全く隙間がなく、小屋の外も平地が少ないため暗がりの中斜面を削ってテントを張った。初日の夜は風が強かった。大揺れのテントのなかでズボンの穴を繕うお裁縫をしていたのが記憶に残っている。夜中風が強くて殆ど眠れなかった。
2日目の朝も風が強く雪も大分積もっており出発がためらわれたが、まわりのテントからは明るい声が聞こえて来ており、行ってみようという気持ちになった。7時頃出発。雪が深くゆっくり進んでいたら、すぐに後続のパーティに追いつかれ追い越された。おかげでラッセルの苦労が軽くなった。7丈小屋までも結構時間がかかった。9時半頃だったか。8合ご来迎場までの斜面は風が強かった。その先、先行パーティがゆっくりラッセルしながら進んでおり、11時半頃時間切れと思い引き返した。2日目の夜はコルの方に建っている壊れた5合目小屋の中にテントが張れたので、安心して眠れた。


こんな山登った