1994年10月 赤岩尾根から鹿島槍

鹿島槍から五竜岳方面を望む
ガイドブックによると鹿島槍へは通常爺ガ岳方面から登られることが多く、赤岩尾根は登りが急なので下山路として利用されることが多いと書いてあった。いずれ春山を登ることを考え赤岩尾根を登っておくことにした。この時期は冷池山荘はしまっており途中水場もないので2日分の水として3リットルの水と缶ビール1本を持った。
赤岩尾根は急だが特に難しいところはなかった。高千穂平とそこより少し低い場所に積雪期の幕営適地があると思った。
冷池山荘へ着くと近くにテントが一つ張ってあった。冬季小屋に一人いた。私は小屋の横にエスパースを張った。
翌朝6時頃出発。夏のテント指定地は小屋より上の斜面にあり風当たりが強そうだった。布引き山までの道は下が下りていたが雪はなかった。剣岳の眺めがすばらしかった。じりじりとジグザグに登っていくと鹿島槍南峰に着いた。いい眺め。時間に余裕があったので北峰へもいってみた。南峰からの下り始めが急だったが特に難しいというほどではなかった。北峰には誰もいなかった。
帰りは来た道をそのまま帰り、テントを畳んで一気に下まで下りた。高千穂平から携帯電話でタクシーを呼んだ。
こんな山登った