1995年10月27〜28日


うっすらと新雪がのった大雪渓

10月26日23時50分新宿駅発の急行アルプス号に乗りました.白馬駅からタクシーで猿倉へ.同じ電車で猿倉へ来たのは私の他に1パーティでした.しかしそのパーティは大雪渓方面には来ず,この日,大雪渓を登ったのは私一人だったようでした.このシーズンの雪渓は1年の内で一番小さくなっていて,夏山最盛期と同じところは歩けません.うっすらと新雪が被った大雪渓を左よりにルートをとりながら登りまし.あの広い大雪渓に自分以外誰もいないという状況をちょっと想像してみてください.天気は上々でしたが,静かで少し不気味な感じでした.上のほうではアイゼンを着けて登りました.2時頃村営白馬山荘に着きました.小屋は閉鎖中です.小屋横にテントを張って,空身で白馬岳頂上をピストンしてきました.夕方風が強くなってきたので,テントを小屋の軒下に移しました.そこは雪が吹き溜まりになっていて,ピッケルで雪かきをしてからテントを張りました.夕方になっても周囲に人影は見えず,誰も登ってこなかったのだなと思いました.でも小屋前から白馬の町の明かりが見えて心強く思いました .大便をしに外へ出たときひどく寒くて震えてしまいました.夜は雪が降っていました.携帯電話が通じたので翌日のタクシーを頼んでおきました.
白馬岳頂上にて

新雪の白馬岳
新雪の白馬岳

10月28日
昨日より積雪が増えていて,この日の行動をどうしようか迷いましたが,白馬鑓の横から鑓温泉へ降りるルートをとることにしました.稜線の縦走路は吹き溜まりは20〜30センチ雪が積もっているところもあり,少し心細くなりましたが,白馬鑓まで来ると雪は少なくなりました.鑓温泉へ降りる途中でアイゼンをはずしました.この時期鑓温泉は無人で小屋が片づけられ露天風呂だけ残っています.周囲数キロ以内に人の気配が無かったので,道ばたに服を脱いで,ひとりで露天風呂に入りました.景色を見ながら鑓温泉を独り占めというのは何とも贅沢な気分でした.鑓温泉から小日向のコルを通って猿倉に降りました.