1990.12.29〜30  金峰山

千代の吹き上げ付近から頂上を望む
頂上はもうすぐ
大日小屋の前のテント場

9:15韮崎着。タクシーで瑞牆山荘まではいった。始めての雪山であれもこれもとザックにつめてきたので荷物がかなり重くなった。息を切らせながら富士見平に12:20着。小屋は開いていなかった。雪をとかしてラーメンを作ってみた。晴れていたが気温2℃。遅くなってしまったので瑞牆山は断念。右へトラバース気味に登っていき大日小屋着。小屋は無人で開いていたが、テント場でテントを張ることにした。夜までに単独行者が二人来てそれぞれテントを張った。夕食は飯を炊いてみたがやはり高所ではうまく炊けなかった。レトルトカレーをかけて食べた。本で読んだとおり翌日分の水をつくり水筒をシュラフの中へ入れて寝た。羽毛量1100gのシュラフでは暑すぎた。どのくらい寒いのか分からず装備が過剰であった。夜間風が強く眠れなかった。
 風が強く出発をためらっていたが、6:45出発。テントは張ったままで、アイゼンを付けピッケルを持ち軽装で出かけた。アイゼン歩行は前日少し練習してみてはいたが、慎重に歩いた。稜線は風が強かったが快晴で眺めは最高だった。大きな岩の上を通過するようなところで少し不安を感じたが他は特に危険なところは無かった。荷物が軽かったので快調に登れた。9:45頃金峰山頂上に到着。八ヶ岳の眺めがすばらしかった。雪の量が金峰山よりずっと多く簡単には登れないように見えたがいつか登りたいと思った。紅茶と氷砂糖がおいしかった。
 下山は楽だった。テントを畳んで下り、瑞牆山荘でタクシーを呼んだ。

こんな山登った